ソーシャルレンディングの運用期間について

ソーシャルレンディングをこれから始めようとする人は、貸付の運用期間について知っておかなければなりません。
ソーシャルレンディングは一度、取引を始めると運用期間が終了するまで資金を引き出すことができませんので、あまり長すぎる運用期間に必要資金を投入してしまうと、困ったことになってしまいます。
運用期間が満期になると、配当金とともに預けたお金が返還されますので、最初は比較的運用期間の短い案件から投資をしてみると良いでしょう。

さてそんなソーシャルレンディングですが、どのような案件があるのでしょうか?
ソーシャルレンディングで取り扱っている案件は、一番人気のもので不動産投資案件が最も多い案件かと思われます。
不動産投資案件は、 年率4%から6%の利回りを獲得できる優良案件です。
しかも不動産の担保が設定されている案件が多く、万が一不渡りを出しても債権の回収がしやすいのが特徴です。

ソーシャルレンディング業者の中には、不動産投資案件のみを取り扱っている業者もあり、そういう業者では東京都内の物件を中心に集めて、案件化しています。
東京都内の物件は、地方の物件と比べて安定した運用が可能なので、利回りを得やすい案件であることが多いです。
ソーシャルレンディングを始めたら、まずは不動産投資系の案件を探してみると良いでしょう。

他には、保証会社を挟んで、万が一の元本割れの保証が施されている案件もあります。
この場合は保証会社への手数料がかかりますので利回りは一番低くなりますが、どの案件よりも安定した運用が可能になります。

またソーシャルレンディング業者の中には、取引金額によってユーザーをランク分けし、高ランクユーザーにおすすめ案件を、特別に紹介するサービスをしているところもあります。
ゲーム感覚で自身のランクを上げていくことができるので、楽しみながらソーシャルレンディングへの投資を行うことができるでしょう。

他にも高利回り案件や、運用期間が比較的短い初心者向けの案件など、色々な内容の案件がソーシャルレンディング業者で取り扱われています。
投資をしてからは、運用資金を向こうに預けますので、こちらができることはありませんが、どの案件に投資するかは、事前に自分で吟味しないといけません。
またそれがソーシャルレンディングの醍醐味ですので、口座開設をしてからはどんどん案件を吟味してみてください。
これからソーシャルレンディング始めてみたい人は、まずは少額から試してみると良いでしょう。