ソーシャルレンディングのデメリットとは?

みなさんは、ソーシャルレンディングと言う、資金活用方法を知っているでしょうか?
ソーシャルレンディングとは、資金調達を希望する人と融資先を探している人をマッチングするサービスです。
今回は、ソーシャルレンディングのメリットとデメリットについて、詳しく解説したいと思います。

まずソーシャルレンディングのメリットは、インターネット上で投資が完結するということです。
通常なら、自分が融資する相手と交渉をしながら貸付を決めて、回収も自分で行うのが融資事業なのですが、ソーシャルレンディングはインターネット上で投資から回収まで全て完結します。
運営会社には、いくらかの利回りを提供しなければなりませんが、投資家側から手数料を持ち出すことはありません。
ローコストで融資ビジネスを始めることができるのは、ソーシャルレンディングの大きな強みです。

一方デメリットは何なのかと言うと、投資元本がデフォルトリスクにさらされるということです。
安定的に高利回りな配当を期待できるということがソーシャルレンディングの強みではありますが、事業者が事業に失敗して不渡りを出すと、投資家が保有する債権を全額回収するのが厳しくなってしまいます。
そういう事態を回避するために、比較的安全な案件を吟味していく必要があるのですが、事業者の情報が匿名となっていますので、どういう人物が事業を展開しているのかもこちらには知らされません。
そのため人を見て融資をしたい投資家にとっては、ソーシャルレンディングは不向きだと言えるかもしれません。

後は、投資をした後に資金を自由に引き出せなくなることがデメリットの一つです。
これは定期預金と同じような感じで、最初に設定されている運用期間が終わるまで、資金の移動はできないことになっています。
運用期間は案件によって様々ですので、 資金を預けられる期間を考慮し、よく選んで投資することが肝心となります。
ただ、ソーシャルレンディングは定期預金よりはるかに利回りが良いので、高利回りであればある程度長期的に預けた方が、複利運用の効果が加わりリターンが大きくなります。

これから何かしらの投資を始めようと考えている人は、株式取引やFX、先物取引のような投機的な性質が強い金融商品を選ぶのではなく、安定した利回りを獲得できるソーシャルレンディングを選んでみてはどうでしょうか。
少額の資金から始められますので、まずはお試しでソーシャルレンディング業者の口座開設をしてみるといいでしょう。