ソーシャルレンディングのおすすめ業者の特徴

ソーシャルレンディングをこれから始める人は、まず最初に自分が取引したい案件をたくさん扱っている業者を選ぶ必要があります。
今回は、ソーシャルレンディング業者が、どのような案件を取り扱っているのか?を紹介したいと思います。
株やFXとは違い、ソーシャルレンディングは、銘柄や通貨ではなく事業内容を見て安定的に運用できそうな案件を選びます。

案件の中でも特におすすめなのが、不動産投資系の案件でしょう。
不動産投資家の案件は利回りが高く、担保が設定されているものがあるのが特徴です。
担保というのは、事業者が債務不履行を起こした時に、借金を弁済する時の手段になるものです。
ソーシャルレンディングの融資は、投資家が債権を保有することになりますので、担保設定のある不動産案件の場合は、債権を行使して担保を差し押さえることが可能となります。

ソーシャルレンディングサービスを提供しているおすすめ業者の中では、この不動産投資系の案件に特化した業者がいくつかあります。
その業者を選んで口座開設をすれば、不動産投資系の案件だけを中心に選ぶことができます。
普通、不動産投資を行う場合は、多額の資本金が必要になりますが、ソーシャルレンディングを利用して投資をする場合は、一口1万円から取引をすることができますので、資金力の少ない投資家でも、不動産投資の雰囲気を味わうことができます。
少額投資の場合だと、あまりリターンは得られませんが、投資を初めてやる人にとっては、これ以上ない刺激になるかと思われます。

他にもソーシャルレンディング業者には、色々な案件を取り扱っているところがあります。
例えば、フランチャイズを起こしたい人に対しての融資者の募集などもあり、そういった案件は比較的、高利回りであることが多いです。
ちなみにソーシャルレンディングで投資をする時に一番気になるのは、事業者の情報かと思われます。
例えば不動産投資案件ならば、物件に関する情報や、事業を行っている会社の会社謄本など。
投資対象の状況や、相手の立場が分かる資料があった方が安心できるでしょう。

これは業者によって違うのですが借り手からの資料を提供しているところと、非公開にしているところの2パターンがあります。
大事な資金を投資するわけですから、できるだけ資料を公開しているソーシャルレンディング業者を選んだ方がいいです。
ソーシャルレンディングで資金を投じる場合は、高い利回りだけを見るのではなく、借り手の事業の将来性についても、十分に吟味してから投資をするようにしましょう。